<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

インターに行くべきか行かざるべきか

インターに行った方がいいのか、行かないほうがいいのか?
よく聞かれる質問です。
年齢、滞在年数、性格など、いろいろなことがからみあってくるので、
答えは簡単ではないのですが。

この夏、娘は幼なじみの男子と久しぶりに会う機会がありました。
グレード4、5の頃ご近所さんだった男子で、
親同士も仲良かったので家族ぐるみでのおつきあいでした。
当時その子は日本人学校に通っていて、小6で日本に帰ったのですが、
4年ぶりの再会で、とても楽しい時間を過ごしたようで。

その彼が、
今だったらインターを選んでいたな、俺、
と言っていたそうで。
当時はそれほど深く考えたこともなかったようですが、
今の彼はそう思っているようで、
娘も彼の一言が印象的だったと言っていました。

ではどんな場合、インターに行ったほうがいいのでしょうか。

まず一番に考えるのは滞在するであろう年月でしょうか。
3年以上いることが予想される場合、インターを考えてみるのもいいと思います。
1年2年では英語に慣れるところで終わってしまうのではないでしょうか、
英語の力が伸びていくのは3年目、というのが一般的でしょう。
日本に帰った時に、その間の日本での勉強が抜けていて、
英語もそれほどの力を持って帰れない、となってしまうかもしれません。

次に考えるのは子供の年齢でしょうか。
私は母国語がある程度確立してから、
第2外国語をスタートするのがいいと思っているので、
幼稚園からのインターに積極的ではないのですが^^;
(いろんな考え方がありますよね)

エレメンタリーの低学年からのスタートであれば、
子供が納得しているのであれば(ここはやはり重要かと)
飛び込んじゃえ!と思います。

ここでポイントになってくるのは子供の性格でしょうか。
ある程度自己主張が出来て、
ある程度社交的で、
ある程度負けず嫌いな性格であれば、
インター向きと言えるかもしれません。
(ある程度くらいでも、インターで生活しているうちに、
しっかりと自己主張など出来るようになっちゃうと思います)

エレメンタリーの高学年やミドルからとなると、
話はちょっと違ってきますよね。
本人がよほど覚悟を決めた場合じゃないと、
簡単にオススメは出来ないかな。

英語の勉強をするのではなくて、
英語で勉強をするわけですから、
よほどの覚悟がないときびしいかと。

ただ学校に行っているだけで勉強についていけるのは低学年のうちだけでしょう。
高学年になると毎日英語の家庭教師をつけてフォローするなど、
必死でがんばる子供たちがほとんどで。
でも、そうやってがんばると、ちゃんと結果が出るんですよね。
元々日本語はしっかりと出来ているわけですし、
学力はついているわけですから、
英語さえわかってしまえば同級生より勉強が出来る子供が多いですし、
優秀な成績をおさめる子供たちもたくさんいます。

子供次第だなと思うことはたくさんあって、
英語がうまくなりたい!と決意して入った子供の中には、
ネイティブの友達しか作らない、と決めていた子供もいます。
見事な徹底ぶりに驚かされもしましたが、
実際素晴らしいスピードで英語が上達していきました。
その逆のパターンも多くありますよね。
インターにいても日本人の友達としかつきあわない子供もいますので。

結局はその子の性格によるところが大きいのかもしれません。
ステレオタイプに考えると、
インターに行ってる子ってにぎやかでうるさいって思うかもしれませんが、
そんなことはないんですよ。
いろんな子供がいます。
物静かな子供だってもちろんいますし、
転校している子が多いのでまわりの空気を読める子供も多いと思います。
いろんな子供がいて、いろんな国の子供がいて、
いろんな人種の子供がいて、それが当たり前になっているわけで、
ちょっとくらい浮こうが変わっていようが面白かろうが不思議ちゃんだろうが、
みんな当たり前のように受け入れてくれます。

英語でのコミュニケーションだけではない、
本当の意味でのグローバルな中で成長出来るのではないでしょうか。

思ったよりもがんばらなくちゃいけないことだらけのインター生活ですが、
思ったよりも多くのことを得ることが出来るのかも、しれないですね。














にほんブログ村 海外生活ブログ インターナショナルスクールへ
にほんブログ村
[PR]
by bilingualedu | 2014-08-26 16:43 | 学校の選び方 | Comments(0)

生徒会(SRC)

新学年がスタートして2週間が過ぎようとしています。
部活もはじまりましたし、生徒会などの役員も決まっていっているようで。

今回、意外な展開になってちょっとビックリしていることがあります。
今まで娘はハウスキャプテンをやったり、
ボランティアグループの代表をやったりしてきたのですが、
今回はじめて生徒会(SRC)をやることになりました。

生徒会だけはやりたくないって言ってたような気が^^;
真面目ちゃんがやる仕事だよね〜って言ってたような気が^^;
(怒濤の中学生時代を終えて、考え方も落ち着いて来たような気が)

いつもは立候補した人がなっていたのですが、
今回からはクラスから選ばれた何人かがエッセイを書いて、
それを読んだ上級生役員が選ぶということになったようで。
人数も1学年4人から2人になったそうで。
人数が多くても仕事しない人がいるので、
少数精鋭にしたってことらしいのですが。

娘が真面目にエッセイを書いて出していたことにもビックリですが、
クラスメイトに選んでもらったのもありがたいことですし、
上級生役員に選んでもらったのもね、ありがたいことです、はい^^
部活も始まって全身筋肉痛のようですが、
SRCの活動もそれにプラスされるわけですね。
こりゃこの1年忙しくなりそうです。
本人は忙しい方がいいんだよね、と言っていますしね、
好きでやることは何でもやってみたらいいと思うので。
こちらはただただ応援するのみです。

まだ子供のいない若い奥さんたちと話をする機会があるのですが、
みなさん夢を語られます^^
女の子だったら絶対にバレエを習わせます!とか、
男の子だったらスポーツたくさんやらせてたくましく育てます!とか。
私もそんな夢を抱いたことがやっぱりありました。

娘が小1の時に日本に住んでいたので、
私が夢に描いていたバレエを習わせよう!!と近くのバレエ教室へ。
ひたすらバーレッスンをしているのを見て娘は、
もっと踊れると思っていたのにこんなのはイヤ!!とまさかの拒絶。
ああ、親の好きなようになんて子供にさせるのは無理なのね、
とそこで学びました(悟りました)。

そこからは、本人の意向を聞いて、
好きなことをやらせるという方向で。
途中テニスを好きって言わせる感じに持って行ってた頃もあったのですが
(すごい表現ですが、そんな時期もあったのです)その時期も越えて、
今では好きなことを次々とやっていく子に育ったと思います。
自分で考えて、自分で決められるようになったかな。
好きなことをやっている時って生き生きしてますもんね。
本当はチュチュ着て踊っていてほしかったけれど、
膝当てしてボールを追いかける姿がやっぱり似合ってるし輝いています。
生徒会の活動も楽しんでやってくださいね〜。





にほんブログ村 海外生活ブログ インターナショナルスクールへ
にほんブログ村
[PR]
by bilingualedu | 2014-08-22 10:52 | インターナショナルスクールでの日常 | Comments(0)

グレード10スタートとクラス替え騒動 

長い長い夏休みが終わって、新しい学年がスタートしています。
グレード2から始まった娘のインター生活もグレード10になりました。

そして毎年行われるクラス替えですが、
今までもいろんな騒動がありましたが、今年もまた何やらあったようで^^

娘は仲の良い友人が男女会わせて同学年に8人います。
クラスは4つなので、8人のうち誰かとは一緒のクラスになれると思っていたようで。クラス発表の前にロッカーにはすでに名前とクラスが貼られていることを知り、早速学校にロッカーを見に行ったわけです。

まさかのまさかで、娘だけがただ一人、
8人の誰とも一緒のクラスではありませんでした。

OMG!!

思いのほか落胆する娘、
見ているのがかわいそうなほどで。
でも、これも何かの試練なんじゃないかな?
と言う私の言葉に、
こういう試練は必要ないと思うんだよね、と娘。
確かに、そうかもしれません。
日本人はついつい何でも我慢とか試練とか思っちゃうけど、
こんな試練いる?
クラスに仲の良い友達が一人もいない状況で1年間我慢する意味は?
私も娘の一言で考えてしまいました。

それならば、自分の気持ちを校長先生に伝えてみたら?

よし!っということで、娘は自分の気持ちを切々と綴り、
それをすぐに校長先生にメールしたわけです。

インター生活も8年目になりましたね、
そうなると、まずは伝えてみよう!というのが普通になってきています。
こんなことがあって困っている、
こんなことがあって悩んでいる、
よし、まずは担任と校長に伝えよう、となります。
こんなこと学校に言っていいのかな?
とついつい思いがちですが、
わがままや意地悪やウソじゃなければどんどん伝えた方がいいと思います
(わがままの定義も難しいところですけどね)。
伝えた後の学校側の返事には必ずと言っていいほど、
この件を言ってくれてありがとう、の一言がありますので^^

今回の校長の対応も早かったです。
メールの返事はすぐに来て、
伝えてくれて本当にありがとう、からはじまり、
何も心配することはありません、
学校が始まった時にはすべてうまくいっているからね、
何も心配せずに残りの夏休みを楽しんでね、と。

そうだよね、
暗い気持ちで1年間過ごしている生徒と、
明るい気持ちで1年間過ごしている生徒、
学校側にとってもどっちがいいかは一目瞭然なわけです。

8人の名前をあげたのもよかったのかもしれません。
この子と一緒になりたい!とかではないですもんね。
選択の幅があるのも必要なことだと思います。

そして何より、自分はこう思う、という、
自分の気持ちを伝える、ということ。
これが何より大きいかなと思います。
校長先生にメールするわけですから、
文体から文章の細かいところまで、
娘も気を使って書いてるわけですし^^

それにしても日本人って我慢強いなぁって思ってしまった。
そんなに何もかも我慢しなくていいんだよなぁって。
娘の発想にこちらが気づかされることも多くなってきたこのごろです。








にほんブログ村 海外生活ブログ インターナショナルスクールへ
にほんブログ村
[PR]
by bilingualedu | 2014-08-17 13:00 | インターナショナルスクールでの日常 | Comments(0)