<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

どの科目を取る?

旧正月の休暇も終わって娘の学校も始まりました。
でもまだ街はゆっくりな感じで、27日までお休みというお店も多いのですが。
そんな中娘はいきなりの朝練で6時前には家を出て行きました。
ついこの間までバスケットボールシーズンでしたが、ここからはサッカーシーズンがスタートです。
一昨年くらいからでしょうか、急にサッカーらしくプレイが出来るようになった娘、それまではこれはサッカーなのか???と思う事もしばしばだったのですが、ドリブルで疾走とか、思いっきりシュートとか、普通のことが出来るようになってきた気がします。そうなると観戦するほうも楽しくなるわけで、今年も試合観戦を楽しもうと思います。ああ、またしても熱烈応援してしまいそうです。

ということで相変わらず楽しそうな部活ですが、10年生の娘、来年からIBDPでどの教科を取るのかそろそろ決める時期がやってきてます。
サクサクッと決まりそう?と思っていたのですが、先輩たちからいろいろなアドバイスをもらって迷いはじめています。
将来理系に行く?理系に行く気はないけれど成績がいいのは理系だし、とか、
アートが得意だけどアート系に進む気はないんだったらハイレベルを取らないほうがいい?とか、もうもう自分でもどうしていいのかわからなくなっているようで。

娘の友達には、医者を目指している子もいますし、カウンセラーになるのを目指している子もいて、将来の夢がはっきりしている子はおのずと取る科目も決まって来るんですよね。
娘の場合は自分が将来どうしたいのかも決まってませんし、どんな学部に行くのがいいのかもまだ迷っている段階で。
高校1年生ですからね、当然と言えば当然です。その頃の私なんてアタマの中お花畑でしたから。それにくらべると娘のほうが現実を直視してるなって思いますが。

家族3人ああでもないこうでもないと話合いの日々は続きます。
まあ本人が一番悩んでいるのは確かです。やるのは娘ですからね。
だったら好きなことをやったらいいかなって思いますが。
そうそう簡単に決められないようです^^;
誰か決めてくれないかな〜〜神様〜教えて〜〜!!という気分なのは間違いないようです。





にほんブログ村 海外生活ブログ インターナショナルスクールへ
にほんブログ村
[PR]
by bilingualedu | 2015-02-23 18:12 | インターナショナルスクールでの日常 | Comments(0)

休暇の過ごし方

今週末より旧正月の休暇がスタートします。
この国に来て7年ですが、今回はじめてどこにも行かない旧正月を過ごすことにしました。
どんな感じでしょう?街はガラガラになるのかなぁ。
お店なんかもお休みになるのでボチボチと買い出しをはじめているところです。

娘も高1になって、今は日本の勉強はちょっとお休みしている状況で。
とりあえず中学卒業までの日本の勉強はサラッとはやってきたので、
今後はIBDPに向けて学校の勉強一本にしぼるということで。
ここまで来るのは長かったですね、正直言って。

小2からはじまったインター生活ですが、英語に慣れることと日本語を維持することの両立が本当に大変で。
何度も何度もくじけそうになりましたが、その都度親子2人で頑張って来た、かな^^
夫はそういう場面をほとんど見ていないので、気がついたら日本語にも困らないで英語もどんどん上達してるって思っているようですが^^;
ここまでくるのはそんなに簡単なことではないですね。

最近うれしいことを言われました。
初めてお会いする方に(海外生活の長い方です)娘の日本語がちゃんとしているので、インターに通いだしたのは最近なんだと思ったと、まさか小2からだとは、と驚かれました。小2くらいからインター行ってると、変な日本語になっちゃう場合が多いから、とも言われました。

娘と私の努力が報われる瞬間です^^

ターム終わりの休暇は、ほとんどどこにも旅行に行かずに遅れている日本の勉強をやってました。
今考えるとよくやったなって思いますが、そういう休暇の時くらいしか日本の勉強をやる時間が取れなかったんですよね。
学年が上がって来ると部活がはじまりますしね、ますます時間は取れなくなっていきますし。

いつまで海外にいるのかもわからなかったので、英語だけに力を入れる決断はなかなか出来ず、中2の時にどこに住んだとしてもIBを最後までやると家族で決めるまでは無理でしたね。通信教育も中3終わりまでは一応やってましたし。

去年の春からですね、英語を強化していく方向にシフトしたのは。
それまで娘は学校以外で英語を習ったことがなく、塾も家庭教師もつけたことがありませんでした。
去年の夏に良い先生との出会いがあって、その先生に時々英語を見てもらうようになって、ここで劇的に彼女の英語が変わってきます。ちょっと遅かったかなという気もしないではないのですが、英語の成績も悪くなかったのでそれほど必要を感じてなかったんですよね。
でも、IBDPが始まる前のこのタイミングで英語を見直すことが出来てよかったなと思っています。
娘の場合まだまだ伸びしろはあるようです、うらやましい限りですが。
でも、これもまた母国語の土台があるからと私は信じているんですけどね^^

休暇の過ごし方はいろいろですが、日本語の勉強に取り組んでいる親子もきっと多いはず。
きっときっと報われるときがくると信じて、がんばっていきましょうね!













にほんブログ村 海外生活ブログ インターナショナルスクールへ
にほんブログ村
[PR]
by bilingualedu | 2015-02-12 18:14 | 日本語教育 | Comments(0)

2015年もはじまってますが

久しぶりのブログ投稿になりました。

9年ぶりに日本でお正月を過ごしましたが、あれから1ヶ月ちょっとしか立っていないとは思えません。2015年、凄まじい勢いで過ぎて行っています。
娘はバスケの遠征でカンボジアに行ったり、IBの説明会がスタートしたりで、
グレード10らしい感じになってきています。
そうそう、その前にMYPの卒業制作の提出もありました。
何が何やらという感じで、いつも何かの〆切に追われています。
実際のところ私は何にも追われてはいないんですが、寝る間も惜しんで提出物と格闘している娘をサポートするのに目が回り気味ではあります。
起こしたり、寝かせたり、再び起こしたり、寝かせたり、ちょっとほっておくと寝落ちしちゃってたり^^;
MYPの提出前にはこちらの睡眠まで細切れになってしまいました。

PYPからはじまったIB教育の集大成がスタートするんですよね。
保護者向けの説明会に行って、いよいよだなと実感しています。
娘はグレード2からのインター生活ですから、ほぼフルでIB教育を受けてきました(グレード4の1年間だけアメスクでしたが)。
IBDPのプログラム、そりゃ大変そうではありますがうらやましい気持ちもあります。私だったらどれを選択するかな〜と考えたり(意味ないですが)ね。
これからの2年半、どんな感じで進んで行くのか楽しみでもあります。
本人は”気がついたらIB終わってないかなぁ〜”とかわけわからんこと言ってますが^^;

これからは更新頻度を上げていこうと思っていますのでどうぞよろしく。







にほんブログ村 海外生活ブログ インターナショナルスクールへ
にほんブログ村
[PR]
by bilingualedu | 2015-02-10 18:08 | インターナショナルスクールでの日常 | Comments(0)